Review

レビュー : Fire and Frost Pattern / Andreas Bick

遅ればせながら新年明けましておめでとうございます。
ciqiのnakanoです。

前回まではストイックなSCブログをotonotrix君が書いてくれたので
私はCDレビューというか紹介的なのを半気楽にいってみようかと思います。

今回は割りとマニアックなフィールドレコーディング的作品です。
(この作品レビューしてるの、恐らく日本でここだけかも汗)
Fire and Frost Pattern  / Andreas Bick
fire_and_frost_pattern
試聴はこちらから

この作品を作ったAndreas Bick氏は1964年生まれドイツ出身の映画作曲家、
サウンドアーティスト、ラジオプロデューサーです。
で、このアルバムはタイトル名の通り、Fire と Frostをコンセプトにして作られており、様々な場所、方法での録音を組み合わせた作品となっています。
Fire_patternのトラックはバヌアツにあるヤスール山(世界で最も火口に近づける活火山)、コスタリカにある成層火山であるアレナル火山、シチリア島東部にある活火山、エトナ火山の噴火音、また、間欠泉(温泉みたいなもの)の音はアイスランドで録音されています。
一部、pyrophoneやwhoosh bottleなどの人工音を使っていて単なるフィールドレコーディングだけじゃなくて興味深かったです。

pyrophoneってこんな感じ。fire_organとも言うみたい。

whoosh bottleってこんな感じ。理科の実験思い出したり。


Frost_patternの方は南極海での巨大な氷山の衝突から起こる音、地震波音や
ベルリンにある凍結湖での氷床の音の波の分散などを録音。
凍った湖は気温の大きな変動時に氷が膨張したり収縮し、生じたテンションが、亀裂を引き起こし、ノイズを発することが知られているそうです。
また、雪が降る音をアルミホイルを敷いて録音するという変わった録音や、つららの砕ける音、雪解け水のしたたる音なども録音されていて面白かったです。
一聴した感じ、個人的には火と氷のイメージが少し変わった気がします。
それは一般的に火と氷って相反するもの(動と静みたいな)だというイメージがありますが、この作品の火山の噴火、氷山の衝突などから、自然の荒々しさ、ダイナミクスが全面的に伝わってきて、両者はやはり大自然の中のもので同種であると認識を改めさせられた気がします。

音響的に一番驚愕したのが凍結湖に穴をあけ、湖下を水中マイクによって録音した音ですね。ここで作品内で使われてる音が聴けますしダウンロードもできます。
まるでシンセをグリッサンドしたような音が鳴っていて、
スターウォーズみたいで面白いですね。なによりこのステレオ感!
これは、ここ数年でのビックリ音ランキングNo.1ですね。
いやはや、まだまだ自然界にも面白い音はたくさん溢れていると痛感しました。

ちなみにこの作品は5.1サラウンドにも対応しているファイルもセットで入っています。
5.1chの方がやはり音場も広いし、分離がよく作品をより楽しめました。ただ、こういった作品なのに、ファイルそのものは44.1khz,16bitのwav形式で少し残念な気もしました。

おまけ。ice fishing noise! おじさんの笑顔が良いw


最後にフィールドレコーディングによる作品というとそのままの録音を作品とする、あるいはそれをより加工して作品にするといった作品が多いですが、この作品は素材そのものに過度なエフェクト処理をせず、様々な録音法による素材と人工音の素材を活かし、それを巧妙に配置して1つの作品にしている様に思いました。また、個人的に、耳では聞こえない音や意識していない音なども聴こうとする姿勢次第でより音を探求できるんだという事をこの作品から学んだ気がします。

と、いうことで美味しい肉的な音楽もいいですが、たまにはこんな感じの音楽を食してみるのはいかがでしょうか?